ホーム » エンジニアがプログラミングを学ぶメリット

エンジニアがプログラミングを学ぶメリット

エンジニアとして現場で働いてきた人は、プログラミングを学ぶことについて、否定的な考えを持っていることもあります。時間がかかる割には、実務上、あまり役に立つ機会がないと考えられてしまう傾向があるのです。確かに、エンジニアが一般的な企業で担っている業務では、プログラミングができるほどの知識や技術は必要ない場合がほとんどです。しかし、自分だけでプログラムを作れる程度のプログラミング技術を習得し、実務を行えるようになると、色々なメリットがあります。その中でも最大のメリットとして考えられるのが、働ける職場を拡大できることです。

エンジニアでありながら、プログラマーのようにプログラミングもできるとなると、万能な技術者として認めてもらうことができます。例えば、スタートアップのベンチャー企業では、多能な人材を求める傾向が強く、あるときにはエンジニアとして、別のときにはプログラマーとして働いてくれる人材は貴重だと考えてもらえるでしょう。

一方、業界的にもプログラミングができるエンジニアを重視しているところがたくさんあります。代表的なのがWeb業界やゲーム業界で、ITの専門家を大勢集めずに、最小限の人数で開発を進めたいという業界で重宝されているのが実態です。業界によって求められているスキルにも違いがあり、スキルに応じて適切な業界を選べば、想定している以上に活躍できるでしょう。このような将来性を考えると、プログラミングを学ぶことには意味があるのです。