ホーム » エンジニアとプログラミングの関係性

エンジニアとプログラミングの関係性

プログラマーの専門技術の一つであるプログラミングは、近年エンジニアにも求められるスキルとなりつつあります。その大きな理由の一つが、人材不足です。一昔前であれば足りていた人材も、技術の急激な進化に伴い、不足し始めています。この人材不足は今後も加速することが予想されており、不足を補うために、エンジニアとプログラマーの両方を兼ね揃えた技術者が必要なのです。両者のスキルを取得することは、企業だけでなくエンジニア本人にもメリットがあります。

その一つが、活動の幅です。プログラミングは、家電製品やゲームアプリなど日常生活の様々な場所で活用されているため、今後も需要が伸びていく分野とされています。仕事においても、必要な機器さえ揃っていれば活躍できることから、独立する人も少なくありません。エンジニアの技術だけでも独立は可能とはとはいえ、プログラマーに比べて仕事の幅が限定されてしまうのが実情です。そこで、両者のスキルを兼ねることで、自由な働き方ができるようになります。

仕事以外のメリットとして挙げられるのが、収入アップです。年齢によって若干の違いはありますが、エンジニアの平均収入は500万円前後といわれています。一方、プログラマーは習得しているスキルによって収入は大きく変わり、需要の高いプログラム言語を身につければ年収1000万円というケースも珍しくありません。このように、エンジニアにとってプログラミングは、将来的な仕事の安定や高収入に繋がる重要なスキルなのです。